独立を目指して小売業を始めるならフランチャイズからスタート

メンズ

誰でもできる仕事

男性と女性

少ない資金で開業したいと考えている方におすすめなのが、ハウスクリーニングです。この仕事は、経験や資格など必要なく誰でも始める事が出来る仕事です。ただ開業するならフランチャイズをおすすめします。オープンから仕事のノウハウまで全て教えてもらえるので安心です。

アジア諸国への進出

オフィス

企業が海外進出する事が多くなっています。コストを安くするためアジア諸国へ進出することは今や普通なのです。それに加えて子会社などの会社設立をアジア諸国で行う事も盛んになっています。インドネシアは外資100パーセントでも設立することができます。

販売業の加盟店として

買い物する人

フランチャイズによる小売業を始めることは、独立を目指すサラリーマンにとって多くのメリットがあります。まずどのような形態の小売業であっても、全国的に有名なネームバリューがあります。例えばコンビニやハンコ屋など名前を聞けば誰でも分かるということで、宣伝活動が不要となります。また扱う商品は用意されるので、自分で売れるものを考えて仕入れる必要もないわけです。このように小売業に関しての知識や経験がなくても簡単に事業を始めることができる点で、フランチャイズ加盟は人気があります。失敗に関するリスクが非常に少ないというわけです。また商品の仕入れに関しても、効率良くシステム化されているので苦労せずに行うことで、在庫管理も楽になります。

小売業のフランチャイズで人気が高いのはコンビニです。中には加盟料やロイヤリティーが少ないお店もあるので、負担なく利益を出すことができます。経営に関してのアドバイザーがついて指導してくれる安心感もあります。次に人気の高い小売業は金券ショップです。店舗のスペースはごくわずかなので、賃料を少なく抑えることができます。スタッフを雇うことなく1人で運営できるので、経営リスクは最も低いとされます。そして近年注目を集めるフランチャイズの小売業がパン屋です。テイクアウト専門なので店舗のスペースはわずかで済みます。食品に関する小売業は不況に強いことと、ヘルシー志向を売りにしていることで安定した収入が期待できます。

資金集めで有利

女性

会社は個人事業で始めることもできますが、対外的な信用などを得るためには、会社設立することが望ましい方法です。人材確保の面でも有利になります。東京は会社を設立したのちの拡大に向けて有利に働かせることができます。